企業理念 | Liaison Group(リエゾン グループ)|長崎|介護|リハビリ|カフェ

企業理念CORPORATE PHILOSOPHY

“Living *cool for a long life”

人間愛

人間愛
その人らしい生き方の支援

看護や介護、福祉、リハビリのプロフェッショナルが、その人の可能性や尊厳を最大限に支援するケア

仕事愛

仕事愛
やりたい事への挑戦

委員会、勉強会、研究会、研究大会や学会活動を通じ社会へのアウトカムに沿うサービスヘ挑戦 。

地域愛

地域愛
コミュニティプロジェクト

地域との良い関係、オープンな組織となって住民の信頼やネットワークを広げる活動。


基本指針
BASIC GUIDLINES

「諦めない介護」を目指します。

諦めないとは、その人の多様性のある要望を適切に見定め※1、その人に最も必要な介護サービスが何であるかを見極め※2、必要な介護サービスの選択肢※3を用意し、その品質の向上に最大限努めること。

また、介護サービスの選択肢の用意とは、法人の方針の「現場第一主義」を遵守し、その人のニーズ(本人、家族の選択と尊厳※4)に応える介護サービスの構築・開発・提供を推進すること。

そして、その人の介護に関わるLiaisonグループ社員全員は「その人が、生涯を通じて最大限に住み慣れた所で暮らせる為に必要な介護」を基準に多職種で連携し、効果的※5効率的※6な介護とその支援において円滑に協働※7する。

(「Liaisonグループ介護のあり方検討委員会」作成/2018年9月20日)


※1.見定め:要望に対し、一般常識に照らし合わせ、介護出来る事柄の優先順位を決める
※2.見極め:要望に対し、介護の専門分野の知見を基に、介護出来る範囲の可能性を探る
※3.選択肢:新たなサービス資源開発や既存サービス再編による介護サービス品目の拡充
※4.選択と尊厳:本人の衣食住における嗜好から(家族含む)看取り期を含む今後の生活(人生)における意思(心構え)まで
※5.効果的介護:エビデンスやトレンドを基に行われる介護(科学的介護)
※6.効率的介護:介護負担軽減を意識して行う介護(介護労働生産性)
※7.円滑な協働:最新の情報通信技術(介護ロボットやICT等)を活用した「現場共有」の推進

 

使命(ミッション)
「100年先の地域に会社を残す」

街に人が少なくなるからこそ、私たちは人が集う場所を作り続け、100年先の地域に会社を残すことを使命とします。

方針 (ポリシー)
「現場第一主義」

笑顔あふれる街にしたいから、私たちは人と現場の関わりを重視し「現場第一主義」を社員全員の基本方針とします。

価値(バリュー)
「規範、信頼、関係」

人と地域の絆を深めるために、私たちは組織の規範、社会からの信頼、人と地域の関係拡大を働く事の価値とします。

“MESSAGE”

人と人とのつながりから、暮らしに新しい価値を生み出したい。そこで働く人々が一歩踏み出し、やりたいことに挑戦できる組織でありたい。コミュニティに集う人々に、プロフェッショナルが寄り添う環境を作りたい。そこに、笑顔と安心の場所であることで、子どもからお年寄りまで、みんなが街づくりに関われる。
「リエゾン」その言葉には、私たち自身が、そこに住む人や街、組織や社会との関わりを大事にするという願いが込められています。私たちは、リエゾングループの活動を通じ、人や組織、地域に貢献できる企業であるとこを目指しています。

川副

Recruit

夢がある。笑顔と、挑戦する姿に魅力がある。Liaisonは、そんな皆さんを求めています。

将来に夢を持ってほしい。知識や技術をとことん探求してほしい。仕事の時も、それ以外の時も、楽しく充実した時間を過ごしてほしい。一歩足を踏み出し、未来に向かって挑戦してほしい。Liaisonは、働く人の「その人らしさ」を最大限引き出す環境を整えています。

MISSION4