IMG_3433
※写真撮影の瞬間だけマスクを外しています。

令和3年11月15日(月)、『介護ロボット地域フォーラムin長崎』が『長崎県立体育館 アリーナかぶとがに』で開催されました。このフォーラムに『iTherapy』の展示の為、リエゾングループのスタッフと共に参加してきました。

IMG_3440
このフォーラムは、厚生労働省「令和3年度福祉用具・介護ロボット実用化支援事業」により、介護現場のテクノロジー活用の推進を目的に開催されています。主催の方よりお聞きしたこの日の参加者数は総勢200名。少しずつ日常が戻りつつある場面を実感しました。

IMG_3445
今回のフォーラム、介護ロボット・ICTを積極的・効果的に活用している介護事業所の事例という事で、iTherapyの展示にお声かけをいただきました。

IMG_3466
会場では、10機種以上の介護ロボット・ICT機器が展示され、多数の参加者の方が、iTherapyの展示ブースを訪れてくれました。

IMG_3471
現場課題の解決策としてiTherapyを実際に活用するスタッフとお客様との間で活発な質疑応答がありました。

S__10485780
※写真撮影の瞬間だけマスクを外しています。

今回、本当に多くの方にご説明を依頼をいただきました。iTherapy、足掛け8年の活動になりますが、今回のフォーラムでは過去最高にその必要性の手応えを感じた機会となりました。

お声かけいただきました「シンクながさき」濱崎様はじめ、フォーラムの主催者様、関係者様に心より感謝申し上げます。また、現場で準備設営、相談や説明の対応にあたってくれたリエゾングループのスタッフの皆さんに、本当にありがとうございました。

iTherapyがより多くの現場で活用される様に、今後も活動を推進していきます。