WAM助成事業/採択団体の説明会へ参加/Liaisonの地域密着活動
活動・実績2019年4月29日

Liaisonグループの地域密着活動/WAM助成事業、採択団体の事業説明会に全力。

S__47923322
2019年4月15日(月)、大阪梅田の梅田東日本生命ビルで2019年度WAM助成事業、採択団体の事業実施説明会に参加してきました。5年前、別件で採択された時の説明会は福岡でしたが、今回は東京と大阪の2箇所のみ。もちろん採択された以上、事業は適切に誠実に遂行しなくてはなりません。運営上必要な事務処理の手続きをはじめ、他の採択団体の皆さんとの交流も楽しみに、Liaisonグループから2名のスタッフを大阪に派遣しました。



WAM説明会.001
参加したのはLiaisonグループ第一事業部、川副施設長と小坂福祉事業部長の女性2名。もちろん初めての採択団体説明会。少々緊張の面持ちですが、予定通りに大阪入りし会場まで無事到着。説明会の開始を待ちます。




S__47923318
会がはじまり、事業実施の際の注意点など採択団体の運営そのものに関わる内容を細かくご説明いただきました。「WAM助成事業、その財源は国の予算ですから、大事に効果的に支出して事業を実りある形で進めて下さい」との説明が続きます。また、採択団体には、それぞれに専用担当者が付かれるという事で、事業のサポート体制も万全の様子。さすがWAM助成、採択団体へのきめ細やかな対応に感謝でした。



説明会では事務手続きだけでなく、採択団体同士の交流を目的としたワークショップも開催されました。



長崎に戻った後、ワークショップでご一緒した愛知県のある団体様より早速「お互いの交流の機会を作りましょう!」とのお申し出がありました。夏頃には長崎に視察にお見えになるとのコト。これもまた、WAM助成事業の醍醐味で、普段交流の無い遠方の地域の諸団体が直接そのノウハウを教授し合える。そうやって事業の価値を高めていく。WAM助成事業の間接的な効果だと感じます。



これから1年間、このWAM助成事業を活用し長崎南の街でたくさんの交流を生む為に「Liaison」がその発信基地となれる様、しっかりと事業を運営します!



事業の進捗は随時こちらでご報告していきます。