第3回本物Night/リハノメチャンネル/株式会社ジーン張本浩平
ブログ2018年8月25日

本物Night Gold@café clover Vol.3

01
2018年8月24日、café cloverにて、本物Night Vol.3が開催されました。今回の本物ゲストは、株式会社ジーン 代表の張本 浩平さん。リハ業界で有名な通称「ハーリー」が、満を持して本物Nightに登場。しかも今回は、株式会社ジーンさんの看板番組「リハノメチャンネル」の生中継が同時開催。いつもとはちょっと違った今夜の夜café。よってタイトルは「本物 Night Gold」なんです。本物ゲストのハーリーと、リエゾン・ラボ代表の川副とでお送りする残暑放談な1時間。本物ゲストと完全プライベートの参加者23名、残暑の夜の『本物Night』が始まります。

 

02 café cloverにリハノメチャンネルのスタジオが出現。手書きの看板が手作り感満載な雰囲気。機材は非常にシンプルながら、これでも立派に動画配信可能な環境になってます。日本中に向けた「リハノメチャンネル×本物 Night」の配信準備が完了です。

 

03放送が始まりました。普段、リハノメチャンネルはジーン本社のスタジオから放送中とのコトですが、今夜はcafé cloverからのライブ中継というコトで、集まったお客様との掛け合いの中で二人のトークが続きます。テーマは「リハ職の若者よ、地域に関われ」。話の流れは紆余曲折しつつも(笑)、最終的にお二人の結論は「20数年地域で仕事を続けてきて、回り回ってたどり着いた気づきは「信頼」が全ての要素だ」というコト。病院に勤めていても、起業者でも、誰かの力で仕事ができて、誰かとの協力で仕事が進んで、誰かと一緒にやれるから自分の仕事が目の前の人の笑顔を創っていけるのだ、という話。

 

自分の為に、人のコトをやる。それがやりたくて、今をやっている。

 

ヒートアップして、1時間の放送時間を少々オーバーした二人の残暑放談。全く価値基準の違う二人の結論は、それぞれ全く同じ価値観だったな、というコトで生放送が終わりました。

04第3回の本物 Nightも無事終了です。

 

さらに今日、8月25日(土)の15時から、長崎新聞文化ホールアストピアにて、リエゾン・ラボが主催する張本浩平の「リハビリテーションを「かたち」にする話」の講演会が開催されます。株式会社ジーンの書籍販売なども行われるこのイベント、お席にまだ少し余裕がございます。当日券販売も行っておりますので、ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

講演会の詳細はこちらから↓
https://liaison.gr.jp/2911